ホームページ制作.JP

ご不明な点はどうぞお気軽にお問合せくださいTEL:047-407-4151お電話受付:10:00〜20:00 年末年始を除く年中無休

無料資料請求

ホームページ制作費の内訳は?

ホームページ制作料金で大きな比重を占めるのが、デザインの基本となる型枠作りの作業料です。

どんな内容を、どんなレイアウトでどこに表示し、どんな色や形のボタン、ラインを使うか、スマホで見た時は、どう見えるようにするか等々、これらの事を考えながら1つ1つオリジナルで作り上げていくと、かなりの手間ひま(時間・工程数)がかかるため、どうしても料金が高くなります。

ディレクション料、企画デザイン料、コーディング料

これが「ディレクション料(指揮・監督)」や「企画・デザイン料」、「コーディング料(ホームページ用のコードを記述する作業)」など、制作会社によって、さまざまな名目で課金され、平均3万円から5万円、高い業者だと、これだけで10万円以上かかる場合もあります。

トップページデザイン料

また、トップページは特に一瞬の見た目を重要視する傾向があるので、他のページとは違うインパクトがあるレイアウトにしたり、写真の加工や動画化に力を入れたりします。

当然、これも手間ひまがかかるので、「トップページデザイン料」等の名目で、さらに2万円から5万円も課金される場合があります。

その他の費用

その他にも、ドメインの取得やサーバーの設定、お問合せ用の送信フォームの設置、ブログやソーシャルメディアとの連動など、ホームページ公開のために必要なさまざまな作業の費用も、それぞれ数千円~2万円ほど課金されるため、例えば20万円の予算があったとしても、肝心の情報ページは、たったの4~5ページしか作れないということがよくあるのです。

枠組みのデザインに、それほど比重を置く必要はありません

つまり、ホームページの基本的なデザインの枠組みを作るための費用が、制作費の中の大きな比重を占めていることになるわけですが、中小企業のホームページにとって見た目の美しさがそこまで重要なのでしょうか?

ホームページを見に来る人の目的は、「情報を探すこと」であって、綺麗なデザインや芸術的な写真を見ることではありません。

もちろん、最低限のイメージは大切ですが、デザインに費用がかかり過ぎて、情報量が少なくなってしまっては、本末転倒です。

たとえ枠組みのデザインが同じだったとしても、ロゴマークや写真によって、十分にオリジナル性は出せるので、何も1つ1つ手作りする必要はありません。

当サービスの制作事例はこちら

デザイン作りにかける手間ひまや費用を、情報量を充実させることや、訪問者のアクション(問合せ、資料請求等)の数を増やすことに注力した方が集客のためには有効という考えのもとに、当社では、既存のテンプレート(ひな型)を利用した制作サービスを提案させていただいております。


このような考えのため、当サービスでは、デザインやレイアウトは基本的にすべて私どもにお任せいただきます。
細かなデザイン指定や変更、特殊な画像の加工等を承ると、その分、工程数が膨らみ、決められた予算の中で、情報量が充実したホームページを制作できなくなるからです。

そのため、細かいデザインや色、レイアウトの指定をし、完全にご自身の好みのデザインのホームページを作りたい方に、当サービスは向いておりません。

このような仕組みだからこそ、均一の低料金でサービスをご提供することが可能になりますので、何卒、ご理解をお願い致します。

とは申しましても、下の制作事例をご覧いただければ分かるように、いかにも昔風だったり、素人が制作したようなチープなデザインではありませんので、どうぞご安心ください。

当サービスの制作事例はこちら